読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着物リメイク服 「WALTZ 三拍子だより」 

シンプルナチュラルな着物リメイク服を作っています

着物服のお洗濯とお手入れ方法 絹 平織り・・・・・・銘仙、大島紬編

 

f:id:waltzclothes:20131230011415j:plain

 着物服のお洗濯とお手入れ方法 

基本的に、水と石鹸を使ったお洗濯はできません

なぜなら絹やウールの着物は家庭でのお洗濯を想定して作られていないのです。

 

がーん、ごめんなさい(涙)

 

例を挙げますと、

  • ウールは水と石鹸を使ったお洗濯をすると縮みます。
  • 絹は中には水につけて縮みにくいものもありますが、ほとんどのものが縮みます。
  • 水につけると絹特有のしなやかさと光沢が落ちます。
  • 水ジミができる場合もあります。
  • 綿の浴衣地は水洗い可能ですが、製造工程上、色移りが出る場合がありますので注意が必要です。寝巻用の浴衣は別としても、街着として楽しむために作られた浴衣でさえも、Tシャツのように毎日洗うことは考えられていません。

 

通常着物を着るときは、さらしや肌襦袢、襦袢、裾除け、などを下につけてから着ています。これは防寒のためもあるでしょうが、肌に着物が触れることによる汚れを防ぐ工夫だったのだと思います。

ですからお洗濯の話をしていて、申し訳ないですが、着用の際に汗取り用の下着つけ、なるべく汚さないことが重要です。

 

お洗濯によるダメージもありますから、シーズンの終わりにプロのクリーニングに委頼されるのが長く楽しむコツです。

洋服でいえばコートやジャケットの感覚ですね。

 

 

絹 銘仙大島紬 黄八丈基本的に家庭でお洗濯しません。

どうしても家庭でお洗濯をしたい方は、下の手順で単品手洗いしてください

軽い脂汚れはベンジンを使って取ります。

  1. 服を中表にし、30度ほどのぬるま湯(熱湯、冷水厳禁)を使い絹用中性洗剤でこすらず軽く押すように洗い、すすぎます。水にくぐらせるイメージで洗ってください。
  2. 水から上げ、やさしく振りさばき、ハンガーにかけ、タオルで決してこすらず挟むように水分をとり、半乾きになるまで日陰干します。ぬれた状態でついたしわは乾くと、アイロンをかけても取るのが難しくなりますので丁寧に形を整えます。
  3. 半乾きになったら、あて布をして裏から中温のドライアイロンをかけて細かいしわを取ります。
  4. ハンガーにかけ、風を通して湿気をとばしたら、お洗濯完了です。

※やはりお洗濯回数は減らして頂くのがよいかと思います。絹特有のしなやかさと艶が失われる場合があります。

※ぬれた状態でこすると色移りしますのでご注意ください。

ハンドメイドマーケット「iichi」に出品しています。こちらもご覧下さいね。

 http://www.iichi.com/listing/item/225270

 ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいませ。